天 児 牛 大 AMAGATSU Ushio
山海塾主宰・振付家・演出家



(c)Yuji Arisugawa

1949年横須賀市生まれ。1975年に山海塾を創設。
『アマガツ頌』(1977)、『金柑少年』(1978)、『処理場』(1979)を発表後、80年に初めてのワールドツアーを行う。
82年以降、パリ市立劇場を創作の拠点とし、新作を発表し続けている。同劇場との共同プロデュースにより創作された作品は現在までに15作品を数える。

山海塾以外でも精力的に活動する天児は、88年に米国ジェイコブス・ピロー財団の招待でフィリップ・グラス作曲による『風姿』を発表。89年には、東京のスパイラルホール(東京・青山)の芸術監督に就任し、加古隆(ピアノ)とイズマエル・イヴォ(ダンス)による『アポカリプス』の演出、米国人ダンサーを使った『フィフス−V』(1990)の構成・演出・振付を行う。また97年よりオペラの演出もてがけ、ペーター・エトヴェシュ指揮によるバルトークのオペラ『青ひげ公の城』を東京国際フォーラムで上演。また同氏の作曲による新作オペラ『三人姉妹』(原作:チェーホフ)をフランス・リヨン国立歌劇場にて演出し(1998)、本作品はフランス批評家協会最優秀賞を受賞。(2001年〜2002年にパリのシャトレ座、ブリュッセルの王立ラ・モネ劇場、リヨン国立歌劇場、オーストリアのウィーン・フェストボーヘンにて再演。)08年3月にふたたびペーター・エトヴェシュ作曲による新作オペラ“Lady SARASHINA”(原作:菅原孝標女「更級日記」)を演出。リヨン国立歌劇場にて世界初演。本作は、ふたたび、フランス批評家協会最優秀賞を受賞。(2009年2月オペラ・コミック、2013年4月ポーランド国立歌劇場にて再演。)

そのほか、バニョレ国際振付コンクールの審査委員長(92年)、フランス政府により芸術文化勲章(シュバリエ章)受章(92年)。『ひびき』がイギリスで最も権威のある舞台芸術賞、第26回ローレンス・オリヴィエ賞の「最優秀新作ダンス作品賞」を受賞(02年)。トヨタ・コレオグラフィー・アワードの審査委員長(02年〜05年)。平成15年度芸術選奨文部科学大臣賞を舞踊部門にて受賞(04年)。『とき』が、第6回朝日舞台芸術賞グランプリとキリンダンスサポートをダブル受賞(07年)。イタリア国立ローマ・ダンス・アカデミー主催、第10回国際振付コンクール審査委員長(11年)。紫綬褒章受章(11年)。
山海塾が国際交流基金賞を受賞(13年)。フランス政府により芸術文化勲章(コマンドール章)受章(14年)。
著書に
Dialogue avec la Gravite (ACTES SUD刊)、13年4月にフランスで最新刊Ushio Amagatsu, des rivages d'enfance au buto de Sankai Juku(子供の頃の海辺から山海塾の舞踏まで)(ACTES SUD刊)が発売。

“ダンスは緊張と緩和によってつくられる。すべての生と変化の原理と同様に。赤ん坊は母親のお腹の中では浮いているが、この世に産まれ出るとすぐに重力がかかる。寝そべって、それから這い這いして、二本足で立って、そして一本足で…。ですからダンスは緊張と緩和の行為から始まるのです。” 天児 牛大(Vogue Hommes 98-99号より)

“私の内には常に一つの像が展開している。天秤ばかりの二つの皿が均衡を求め、回転しつつ上下する運動の様相である。一方の皿には文化。固有の特異性を持ち、他からみれば理解しがたいほど神秘的となってしまう異なり。しかし、ちがいがあるからこそ文化であり、そのちがいは重要である。もう一方の皿には普遍性。人に共通するであろうものごとである。このちがいと共通が均衡を求め、揺れ動いている。” 天児牛大 
(USHIO AMAGATSU dialogue avec la Gravite / 仏ACTES SUD刊より


関連書籍
1949年 横須賀生まれ
1975年 山海塾創立
1977年 作品:『アマガツ頌』
1978年 作品:『金柑少年』
1979年 作品:『処理場』
1980年 山海塾第1次ヨ−ロッパツア−
1981年 作品:『漠紀』
1982年 作品:『縄文頌』(共同プロデュ−ス:パリ市立劇場/山海塾)
1984年 作品:『熱の型』(共同プロデュ−ス:パリ市立劇場/山海塾)
1986年 作品:『卵を立てることから−卵熱』(共同プロデュ−ス:パリ市立劇場/山海塾)
1988年 米国ジェイコブス・ピロ−財団(マサチュ−セッツ)の招待・スプラッシュダンスフェスティバルにて作品:『風姿』発表(音楽:フィリップ・グラス、出演:米人ダンサ−6名)
作品:
『闇に沈む静寂−しじま』(共同プロデュ−ス:パリ市立劇場/山海塾)
1989年 作品:『アポカリプス』−加古隆とイズマエル・イボのコラボレーション−演出(於:スパイラルホール)
1990年 作品:『フィフス−X』演出、構成、振付(出演:米人ダンサー6名、於:スパイラルホール)
1991年 作品:『そっと触れられた表面−おもて』(共同プロデュース:パリ市立劇場/銀座セゾン劇場/山海塾)
1993年 作品:『常に揺れている場のなかで−ゆらぎ』(共同プロデュース:パリ市立劇場/銀座セゾン劇場/フランス国立現代舞踊センタ−・アンジェ/山海塾)
1995年 作品:『ゆるやかな振動と動揺のうちに−ひよめき』(共同プロデュース:パリ市立劇場/銀座セゾン劇場/サンカンタン・アン・イブリンヌ国立劇場/山海塾、共同コラボレーション:フランス国立現代舞踊センタ−・アンジェ/山海塾)
1997年 オペラ『青ひげ公の城』演出(指揮ペーター・エトヴェシュ、主催:東京都歴史文化財団、於:東京国際フォーラム)
加古隆コンサート『色を重ねて』演出(作曲:加古隆、於:パークタワーホール)
1998年 新作オペラ『三人姉妹』演出(作曲・指揮 ペーター・エトヴェシュ、指揮:ケント・ナガノ、於:リヨン国立歌劇場)
作品:
『遥か彼方からの−ひびき』(共同プロデュース:パリ市立劇場/アイオワ大学ハンチャーオーディトリアム/財団法人 びわ湖ホール/山海塾)
2000年 作品:『かがみの隠喩の彼方へ−かげみ』(共同プロデュース:パリ市立劇場/財団法人 びわ湖ホール/山海塾)
2003年 作品:『仮想の庭−うつり』(共同プロデュース:パリ市立劇場/財団法人 びわ湖ホール/山海塾)
2005年 作品:『金柑少年』(リ・クリエーション)
作品:
『時のなかの時−とき』(共同プロデュース:パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾)
2008年 オペラ『Lady SARASHINA』演出(作曲・指揮 ペーター・エトヴェシュ、於:リヨン国立歌劇場)
作品:『降りくるもののなかで−とばり』(共同プロデュース:パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾)
作品:
『あわせ鏡のはざまで−うつし』(共同プロデュース:フランス国立シャトーバロン文化創造普及センター/山海塾)
『加古隆パリデビュー35周年記念コンサート』演出(於:Bunkamuraシアターコクーン)
2010年 作品:『二つの流れ−から・み』(共同プロデュース:パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾)
2012年 作品:『歴史いぜんの記憶−うむすな』(共同プロデュース:リヨン・ダンス・ビエンナーレ/パリ市立劇場/北九州芸術劇場/山海塾)
2015年 作品:『海の賑わい 陸(オカ)の静寂−めぐり』(共同プロデュース:北九州芸術劇場/パリ市立劇場/エスプラネイド―シアターズ・オン・ザ・ベイ/山海塾)
黒字は山海塾作品